便秘の原因

【川俣式整体】一日5分で出来る!体の中から綺麗にする便秘解消整体法

メディアでも紹介されているので分かる方はいらっしゃると思います。川俣先生は、これまで3000人以上の便秘の方を解消してきました。一日たった5分で薬などを一切利用しない、健康的な体質を作り、便秘を解消できるということで人気を集めています。
キーワードは『冷え性』 →続きを読む

川俣式整体

山崎先生の 頑固な便秘にも負けない 自宅でできる便秘解消プログラム

いままで高いお金を出して、毎回サプリメントや病院へ通っていませんか?もう、そんな生活とサヨナラしたいと思いませんか?今回、見て欲しいのは便秘解消歴28年のベテランである山崎先生の自宅で出来る便秘解消法をお教えします。 →続きを読む

頑固な便秘

3日でお腹スッキリ!辰巳式便秘解消ダイエット

この辰巳式、便秘を解消するだけでなく、ダイエットまで出来てしまう、言わば一石二鳥のプログラムです。体験者の中で辰巳式便秘解消ダイエットを始めてからわずか、9日目で5kgも体重が落ちたという方がいます。気になる辰巳式便秘解消ダイエットは・・・。 →続きを読む

辰巳式便秘を解消

精神科治療薬による便秘

 精神科の治療では薬での治療が不可欠であり、抗精神病薬・抗うつ薬・抗パーキンソン病薬などの向精神薬が処方され、これらには抗コリン作用があります。
 抗コリン作用は腸管の拡張を起こし、さらには患者の運動不足など加わって、便の腸内滞留が助長され、大腸筋の緊張が低下するためにさらに腸管の拡張が続くといった悪循環を招く過程で、便秘を発症すると考えられています。
 また、精神科では、薬の投与は大量かつ長期的であるのが一般的であるため、精神科に通う患者のほとんどが、便秘は避けられないというのが現状です。

ページのトップへ ▲

便秘の原因

 便秘にはさまざまな原因が考えられますが、主な原因を挙げると、以下のように大別されます。
 
1)食生活に問題がある
2)運動不足
3)便秘薬への依存・乱用
4)他の疾病の影響
5)精神的ストレスが多い
6)その他

ページのトップへ ▲

食物繊維の多い食事を

 便秘解消のために、普段の生活の中で、まず見直さなくてはならないのは食事の内容であり、最も多く見られる問題は食物繊維の不足です。
 不溶性の食物繊維は、水分を溜め込み、便を軟らかくして、腸の通過をスムーズにしてくれます。また便の嵩を増やして腸の蠕動運動を刺激します。また、水溶性の食物繊維には、腸内環境を整える善玉菌を増やすはたらきがあります。
 以上のことから、食物繊維の少ない食事をとり続けると、便が固くなり、便秘がちとなります。なるべく食物繊維を多く含む野菜・海藻・きのこなどを選んで、意識的に食事に取り入れるようにしましょう。

ページのトップへ ▲

十分な量の食事をバランスよく

 栄養のバランスと食物繊維の多さから、和食は理想的な食事と言えます。外食が多い人は、できるだけ一品料理で済ませないように、普段から気をつけましょう。
 また、ダイエットなどで食事の量を減らした場合、腸への刺激が弱まり、蠕動運動のはたらきが悪くなります。食事の量が少ないということは、摂取できる食物繊維の量も少ないということになり、ますます便秘しやすくなります。便秘解消のためには、十分な量の食事をたくさんの水分と一緒にとることが必要です。

ページのトップへ ▲

規則正しい食事を

 大腸の蠕動運動は、食べ物が胃や小腸を経由して、大腸へ送られてくることで起こります。
 食事が不規則になると、便が長い時間、大腸内にとどまることになり、腐敗が進み、水分も吸収され続けるため、どんどん便が硬くなって排便が困難になり、その結果、便秘や痔疾などを引き起こします。
 最も便意を感じやすいのは、朝食の後です。忙しくても、朝食はしっかり食べるようにしましょう。
 また、睡眠不足などによる不規則な生活は、ストレスも多く、自律神経の乱れを引き起こしますので、便秘の誘因となります。

ページのトップへ ▲

運動不足

 運動不足は、血行を悪くし、筋力の低下を招きます。
 便秘を解消するには、激しい運動は必要なく、ウォーキングでも十分に効果があります。普段の生活の中で、なるべく歩く機会を増やしましょう。
 また、弛緩性便秘の場合は、まず腹筋を鍛えることをおすすめします。腸の蠕動運動には腹筋が大きくかかわっており、腹筋力が弱まると直腸の働きまで低下してしまい、便を押し出すことが難しくなります。
 毎日、軽い腹筋運動を続けるとともに、普段から意識的に、腹式呼吸やストレッチを行うようにすると良いでしょう。

ページのトップへ ▲

便秘薬の乱用

 慢性便秘の人は、便秘薬を長期にわたって服用するケースが多く、その結果、いつのまにか薬の量が増加している傾向がみられます。
 便秘薬を指示量より多量に服用すると、腸管は痙攣を起こし、逆に排便が不十分になります。そして、満足のいく排便ができるまで、どんどん増量して下痢を起こすようになり、悪循環に陥ります。
 また、便秘薬を服用すれば下痢を起こすのは当然と、誤解している人が多くみられます。下痢便が続くと、ついには腸に内容物がないにもかかわらず、常時便意を感じるようになります。これは、結腸・直腸が下剤によって刺激されて起こる炎症に基づくもので このような便秘薬の乱用によって起こる症状は、下剤性結腸症候群と呼ばれています。
 こうなると、依存症の要素が加わるため、薬を適量まで減らす際も、注意が必要になってきます。

ページのトップへ ▲

便秘を起こしやすい薬

 薬剤の中には、消化管の運動を抑制するなど、便秘を引き起こす副作用を持つものもたくさんあります。高齢者においては、一度に複数の薬剤を服用しているケースが多く、このことが身体的要因に加えて便秘を悪化させる要因となります。
 また、便秘薬自体の長期服用がかえって便秘を助長することがあります。長期間、便秘薬や浣腸を使用し続けた結果、低カリウム血症を引き起こすケースです。これは、腸の緊張や運動の低下を引き起こすために起こる症状です。

【便秘を起こしやすい薬剤 】
抗コリン剤/三環系抗うつ剤/抗パーキンソン剤/モルヒネ剤
フェノチアジン系薬剤/クロルジアゼピン系薬剤/降圧剤
制酸剤(アルミニウム、カルシウム化合物)

ページのトップへ ▲

便秘の原因となる病気

 何かの病気や疾患がもとで起こる便秘を、器質性便秘と言いますが、腸閉塞やポリープなどの大腸の疾患以外にも、便秘を引き起こす病気があります。
 代表的なものに痔疾があります。痔の場合、激しい痛みを発することが多いために、少しでも排便の機会を減らすように、排便を我慢することが多くなり、ますます便秘を悪化させます。
 婦人科系の疾患では、子宮筋腫や卵巣嚢腫なども、腸を圧迫することから便秘の原因になります。女性で、それまでスムーズな排便があったのに、ある日突然便秘になってしまったという人は、このような疾患を疑ってみることも必要です。

ページのトップへ ▲

循環器疾患がもたらす便秘

 高血圧で降圧剤を服用している場合は、副作用として便秘が引き起こされます。特に降圧利尿剤は、体内の水分排泄を促す作用があるので、水分不足から便が硬くなり、便秘を起こしやすくなります。
 高血圧や糖尿病を患っている、あるいは高齢者の場合は、排便時のいきみによって、脳卒中や心筋梗塞などが引き起こされる危険性があります。
 排便時にいきむことにより腹圧がかかり、血圧はかなり上がります。少しいきむだけでも、最大血圧が60〜70mmHgは上がると言われていますので、便秘の場合は、100mmHg程度は簡単に上がってしまいます。
 以上のことから、これらの疾患をもつ人は、日頃から便秘に気をつけて、便の硬さをチェックしながら、よりスムーズな排便を心がけることが大切です。

ページのトップへ ▲

消化器系手術後の便秘

 消化器系の手術後は、排便活動にかかわる臓器に直接手が加えられるために、種々の排便異常が発生します。
大腸疾患の手術の場合は、一般的に、右側結腸の手術では、たまに下痢が続く場合がありますが、手術が左側結腸・直腸・肛門に行われた場合には、腸管の血流障害などから、便秘や便失禁などの排便障害があらわれる場合があります。
 術後の便秘は大別すると、通過障害によるもの・治療が不十分なために起こるもの・腸運動の低下などに起因するものに分けられます。

ページのトップへ ▲

[閉じる]
医学・健康情報サイトJ-Medical がお届け!
【購読無料】
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜(無料)
今すぐ登録(メールアドレス)→(無料)
メッセージを閉じる